【団体紹介:CUBE】バレーボールで紡ぐ絆

【団体紹介:CUBE】バレーボールで紡ぐ絆

今回は、等々力キャンパスを拠点に活動しているバレーサークルCUBEについて、田崎隼佑さん(知識工学部 情報通信工学科 3年)にお話を伺った。
団体競技であるバレーボールを通して生まれる「CUBE」の魅力について詳しく紹介していこうと思う。

−活動日と主な活動場所を教えてください。

活動場所は等々力キャンパスの体育館です。活動日は毎週月曜日と金曜日の週2日間で、18時30分から20時の間で活動しています。
部活とは違い、サークルなので公式大会への参加はしていません。しかし、メンバー内で定期的に試合を行っています。
普段の活動に加え、毎年春と夏に合宿を企画しています。昨年の夏には山梨で合宿を行いました。合宿ではバレーボールはもちろん、夜の食事では、メンバー内の仲をより深めることができます。

−どのような人が所属しているのでしょうか。

CUBEには約30人所属していて、男女比はおよそ6:4です。
メンバーのなかにはバレーボール経験者もいますが、スポーツの経験が全くない人も所属しているので、スポーツやバレーボールの経験がない人も歓迎です。
主な活動場所は等々力キャンパスですが、各キャンパス間をシャトルバスが通っているので、等々力キャンパス以外のキャンパスに在籍している方でも活動することができます。
他の部活などとの兼部も可能で、実際にCUBE以外のサークルと掛け持ちしているメンバーもいます。

−学業やアルバイトとの両立はできますか。

授業やアルバイトなど各自のスケジュールに合わせてサークルへの参加を決めることができるので、学業やアルバイトとの両立も可能です。
CUBEは各々のペースで活動できるので、サークルとしての活動の自由度は高いと思います。

−このサークルを選んだ理由を教えてください。

高校生の頃、バレー部に所属していた経験があり、大学で再びバレーボールをやりたいと思ったからです。
CUBEには高校時代の部活動には無い自由度の高さがあり、アットホームな雰囲気にも惹かれこのサークルを選びました。

−サークル活動の中で、特に記憶に残っている思い出はありますか。

僕が1年生の時に参加した合宿がとても印象に残っています。その日は一緒に参加する予定だった友達が急遽、参加できなくなってしまい、1人で参加することになりました。ですが、同級生や先輩方が優しく接してくださり、とても楽しく過ごすことができました。  

−新入生に一言お願いします。

楽しく活動することがサークル活動としての目標なので、誰でも気軽に参加することができます。CUBEは優しい人ばかりでとてもアットホームな雰囲気です。それに団体競技であるバレーボールを通して、同級生や先輩ともすぐに仲良くなることができます。ぜひ体験に来てみてください!

Twitter:@cube_tcu

課外活動カテゴリの最新記事