海外記者リポート

海外記者リポート

海外記者リポート

T‌A‌P(東京都市大学オーストラリアプログラム)に参加している新聞会会長主筆の枝迫雄大が現地をリポートする。

2月7日にオーストラリアでの生活が始まり、約2ヶ月経った、今日は4月1日。 色々な出来事があり、思い出もたくさんできている。現在、東京では桜が散り始めていると聞くが、こちらは夏の終わりで、日中は暑いものの、早朝や夕方以降は上着が必要、といった日が続いている。

TAPが展開されるエディスコーワン大学はパースに 2 つのキャンパスを持っていて、僕が滞在しているのはジュンダラップ市にある、いわゆる本キャンパス。周辺は黄色の砂地、高低様々な木に囲まれ、コアラのエサとして知られるユーカリや、現地の人に「ボトルを洗うブラシ」と呼ばれているバンクシア、その他、砂漠のイメージに似合うような多肉植物もあちこちに生えている。

植物が多ければまた、動物も多い。とにかく鳥の種類が豊富だ。カラスだけでも 3 種類以上。日中は常に、野生のインコやオウムなど、色鮮やかな小鳥たちがさえずっているから気持ちがいい。クッカバラの声などは大笑いしているようで爽快だ。ジュンダラップは長閑で明るい、とてもいい地域だと感じる。

また、地域に住む人たち、 僕の出会った人はみな優しく愉快で、外国人の僕に対してもとても親切だ。とくに印象に残っている人は、キャンパスから最寄り駅まで出ている無料バスの運転手、RICKさん。スキンヘッドにサングラス、強面のおじさんだ。 バスに乗った僕を見てひとこと、「5ドルですよ、お客さん。」と言う。 無料バスに乗ったはずでは……??と慌てる僕を見て、RICKさんは”ニヤリ”と笑う。別の時は、僕の目の前で扉を閉め、「出発の時間なんだ、残念。」と、本当に行ってしまいそうな素振りを見せる。 そして、僕が悲しい顔をすると、お得意の”ニヤリ”をキメてドアを開けるのだった。かなりの演技派だ。悔しい。

他にもたくさんの出会い、話したい思い出が山ほどある 1 週間だったが、1 から 100 まで書いていては収まらないので、そろそろやめにする。残り2か月と少し、ここジュンダラップを「枝迫雄大の Another Sky」にできるような出会い、経験を目一杯して、充実した期間にしたい。

校門
エディスコーワン大学 ジュンダラップキャンパスの正面玄関
人と鳥と
人と鳥が同じ空間にいる。

国際カテゴリの最新記事