MacOS最新版 都市大VPN利用不可

MacOS最新版 都市大VPN利用不可

10月8日(日本時間)、AppleはMac向けオペレーティングシステムであるmacOSの最新バージョン、macOS 10.15 (コードネーム:Catalina)を正式リリースした。macOS CatalinaではApple製デバイス間の連携機能の強化や、iTunesに代わる新たなアプリケーションとして「Apple Music」「Apple Podcast」「Apple TV」を導入するなどのアップデートが施された一方で、32ビット版アプリケーションのサポートが打ち切られた。

この影響でmacOS Catalinaでは本学のVPNへの接続ができなくなっている。本学で導入されているVPNソフトウェアPulse Secureの現行バージョンが32ビットアプリケーションであるからだ。情報基盤センターは「VPNソフトウェアの提供元が修正版を開発中だが、提供時期は未定」と説明する。macOS Catalinaへのアップデートを検討している本学の学生・教職員は注意したい。

macOS Catalina でPulse Secureを起動しようとするとエラーメッセージが表示される

学内総合カテゴリの最新記事