【団体紹介:Plukogi】なんでもできる、なににでもなれる

【団体紹介:Plukogi】なんでもできる、なににでもなれる

今回は、横浜キャンパスを拠点とするオールラウンドサークルPlukogiについて昨年度の会長である穂積愛真さん(メディア情報学部社会メディア学科四年)にお話を伺った。

「なんでもあり」のオールラウンドサークルの魅力などを紹介していきたいと思う。

−主な活動内容と活動場所を教えてください。

主な活動場所は横浜キャンパスの体育館で、バスケやバレーボールを中心とした室内スポーツをしています。それ以外でも毎月スポーツ大会などを開催していて、そこで優勝賞品などをかけてフットサルなどの球技や障害物競走、少し特殊なものだとしっぽ取りなんかもやっています。希望者がいれば外に出て鬼ごっこをしたり、野球をしたりもできるので、本当になんでもありのサークルだと思います。

活動日は毎週火曜日で、午後5時から午後8時まで活動しています。

また、長期休みなどにはお花見などのイベントの企画も多く用意していて、スポーツ以外の面でも楽しめると思います。

−スポーツの経験は必要ですか。

バスケやバレーなどのスポーツの経験は全く必要ありません。

運動が苦手な人や高校時代に文化部に加入していた人でも大歓迎です。

イベントの時や景品がかかっている時など、本気で勝ちを狙いに行くこともありますが、基本は和やかにスポーツを楽しんでいます。

また、男女比は比較的男子の方が多いですが、男女の垣根無くみんな仲がいいので、運動を始めたい女子の方も楽しめると思います。

気軽に遊びにきて欲しいです。

−横浜キャンパス以外の人でも入れますか。

横浜キャンパス以外の人でも入ることができます。

火曜日の活動は途中参加も可能で、遅く来た人が優先的に試合に出られるようにもしているので、他のキャンパスから授業後にバスに乗ってきてもらっても構いません。

主な活動は火曜日の週一回なので、アルバイトや他の掛け持ちしたサークルとの両立もできます。例えば世田谷のバスケを専門に活動しているサークルと掛け持ちして、両方で楽しむなんてこともできると思います。

−合宿について教えてください

合宿は毎年夏秋冬の年3回あり、毎回スポーツ大会などが企画されています。

夏の夜には花火をしたり、冬にはスノボをしたりと季節ごとに楽しめる内容が企画されています。

加入を考えてる人はぜひ合宿だけでも遊びに来てください。

−Plukogiだけの魅力を教えてください。

Plukogiはいい意味でのユルさを持っています。

横浜はバスケとバレー、それぞれを専門としたサークルがありますが、それらと比べて経験がない人や運動が苦手な人がPlukogiに入りやすいと思います。

そういったユルさを持った普段の活動に加えて、ほぼ毎月ある楽しいイベントがうちのサークルの魅力だと思います。

先輩後輩がとても仲良く、サークル外でもよく遊びに行きます。

楽しくゆるやかに、楽しい仲間と自分のペースでスポーツが楽しめて、イベントも楽しめるのがPlukogiの魅力です。

−最後に新入生へのメッセージをお願いします。

ゆるーく、楽しく身体動かしたいそこの1年生!ご入学おめでとうございます!一緒に遊べる日を楽しみに、Plukogiでやりたいこと沢山考えておいて下さい。火曜日体育館でお待ちしてます!

Twitter: @plukogi0000

写真:Plukogiより提供

課外活動カテゴリの最新記事